yamaken building service
news service information guidance shopping event

ECO system X1

環境への配慮を第一に考えたシステムです。メンテナンスにおけるトータルな、汚れ、汚水を最低限におさえたシステムです。導入は、以下のようになります。
check

調査 建物内部を調べ導入可能であるか、インテリアはどうか、歩行量、汚れの内容を分析します。
設計 調査をもとに、メンテナンスシステムを構築します。
見積 設計をもとにお見積もり、プレゼンテーションを行います。
初期メンテナンス 床作りをします。報告書提出
稼動 定期的に、報告書を提出します。
回収した汚れ 汚れを最低限にし、回収した汚物は、清掃工場にて、高温焼却します。
界面活性剤 生物分解生 微生物により分解されます。最低限の使用

X2 ECO system1との違いは、回収した汚れの一部を、下水処理に委ねることです。

u1 日常及び、定期的な管理を一括し、美観を保ちます。バフ機や自動洗浄機を使用します。回収した汚れは、下水処理施設に委ねられます。ワックス塗布は、初回のみです。病院や商業施設におすすめです。

u2 日常の清掃は、お客様にしていただき、定期的な訪問による施行により美観を維持します。小さな店鋪や、うわばきの施設におすすめです。ワックス塗布は初回のみです。

d1 水の使えない、床(床下配線)などに、適しています。ドライクリーニングを行い、バフ機で艶だし、または、ワックスを塗布します。日常清掃及び定期清掃で管理します。

d2 通常の清掃は、お客様にしていただきます。定期的な訪問により、ドライクリーニングを行い、ワックスを塗布します。

w1 日常清掃では、主に除塵とモップがけを行い、定期的に機械洗浄を行い、ワックスを塗布します。美観度は、高低差が、あります。(オプションで、自動洗浄機やバフ機を用意しております。)環境負荷が高いシステムです。

w2 通常の清掃は、お客様にしていただき、定期的な訪問により、機械洗浄を行い、ワックスを塗布します。環境負荷が高いシステムです。

to toppage