yamaken building service
news service information guidance shopping event
 
ECOsystemX1
カーペットは、こちら   石材床はこちら  
人工的に作られた床材は、総称して化学床と言われています。ピータイルやリノリュウム、長尺シート、クッションフロア、ロンリウムなどなどです。これらの床材は、その美観性を保つために、樹脂ワックスなどを塗布する必要があります。また、マンションの通路などに使われている床材もあります。
化学床の美観を保つ! 化学床の美観を保つためには、樹脂ワックスなどを塗布することが現段階において必要です。樹脂ワックスは、メンテナンスを必要とする素材であり、メンテナンスしなければ、汚れてしまいます。コスト削減や、汚水の減量化、美感度のアップのために、様々な樹脂ワックスや、メンテナンスの技術が開発されています。美観を保つためには、次の要素が必要十分条件です。
ワックス床の3要素 ケミカル 技術・機材 システム設計
  ケミカルとは、樹脂ワックスや洗剤です。技術は、床作りや、メンテナンス技術、機材です。そしてそれらを、いかに、コントロールするかが、システム設計になります。システム設計により、最低限のコストで、最高の美感度を作ることが、いいシステム作りとなります。美観を保つには、最低限のコストがかかります。システム設計においては、まず、汚れを入れないことが、ポイントになります。そして汚れの要素を作らないことです。
ワックスの性能 安全性 美観 メンテナンスの容易さ
  樹脂ワックスも様々なものがありますが、大切なのは、まず、安全性です。これは、歩行者にとって、滑りにくいものであること、また、成分に、毒性がないことなどです。また、見た目にきれいですと、そこを歩く方々も気持ちよく歩くことが出来ます。しかしながら、樹脂ワックスは、歩行頻度に比例して、メンテナンスを必要としますので、メンテナンスの容易さも重要なポイントです。高いワックスを使用したからといって、これらの要素を満たすものでは、ありません。以下は企業秘密になります。
ワックス床作りの要素 ◆、※●▲層 ◎■★○◆層 △*」◆■層
  ワックス層にこの3要素をもたせることにより、ワックスの性能を最大限に生かすことができます。
HardFloor 化学床美観維持のための、サービスを掲載しています。様々なサービスをご容易しております。